我が家のニワトリ㊵〜8月生まれのアローカナは5週間目、ビニールハウス内を元気に走り回っています

ニワトリ

8/13に卵から孵化したアローカナのひよこたち。(その㉜)

9/17で孵化して5週間目となりました。

「ひよこ」と呼んでいますが、孵化後の日数からは、中びな(29日目〜70日目)です。

といっても、我が家では1番小さいひな鳥たちを「ひよこ」の愛称で呼んでいます。

先日、再びアローカナの卵を孵卵器へセットしましたので(その㊴)、いずれ雛が孵化すれば、「ひよこ」の愛称は次の雛に変わるんですね。

そんなアローカナのひよこたち。

最近のお気に入りは、裏庭のビニールハウス内での放鳥です。

春から夏の間はトマトを作っていましたが、シーズンも終わり、一時ハウス内もあいていますので、日中はビニールハウス内で自由に遊ばせています。

2019/9/17 アローカナのひよこたち

8月生まれのひよこは2羽。

一緒に遊んでいるひとまわり大きな1羽のひな鳥は、7月生まれのアローカナ。(その⑲)

つまり1か月先に生まれた兄弟となります。

この1羽は、7月に孵化した中でも、成長が遅く、他の個体よりも弱々しかったため、1羽だけ育雛箱のなかで別に育てていたものです。

その後生まれた8月生まれのひよこと気が合うらしく、今では仲良く3羽で遊んでいるのです。

2019/9/16 アローカナのひよこたち

そんな3羽ですが、いつもこちらを後追いします。

刷り込みというわけではなさそうですが、世話をしているのが分かるのか、ハウス内でもこちらのあとをついてきてエサをねだります。

そんな姿はとても可愛いですが、いつかは立派なニワトリになって、こちらを威嚇したり突いてくるようになるんですね。

可愛いときは一時ですが、しっかり世話をして元気に育ってもらいたいです。

タイトルとURLをコピーしました