我が家のニワトリ(78)〜アローカナはどのくらい卵を産むのか?〜2020年も産卵数を記録していきます(1月10時点まとめ)

ニワトリ

我が家で飼っているニワトリのアローカナ。

一昨年(2018年)の8月から飼い始め、およそ1年半経ちました。

我が家のアローカナが初めて卵を産んだのは、昨年の1月10日。

年も明けて2020年、産みたてのアローカナの卵が手に入るようになってから、ちょうど1年となりました。

最初に飼い始めた雌鶏3羽が卵を産み始め、しばらくは1日最大3個の卵が手に入るようになり、その卵を孵卵器にかけて次世代のアローカナを育てて、次第に数を増やしていきました。

昨年の11月〜12月には、その次世代のアローカナの雌鶏も卵を産むようになり、一時は

1日最大5個!

まで卵が手に入るようになったと喜んでいたのですが・・・・

昨年末に、次世代アローカナの雌鶏1羽に「尻つつき」の悪癖が出たため、その被害で2羽の雌鶏が死亡、1羽が重傷を負いました。(その75

そんな悲しい出来事もありましたが、記録していた1年間の産卵数は

なんと757個(1日平均2.3個)!

10個入りの卵パックなら約76パック分です。

それも産みたてで自分が育てているアローカナの卵ですので、喜びもひとしおです。

ということで、年が明けた2020年。

もちろん、卵がいくつ手に入るか、今年もしっかりと記録していきたいと思います。

まずは、1月10日時点での記録を見てみましょう。

主力の雌鶏3羽が卵を産まなくなったため(2羽は死亡、1羽は重傷につき産卵せず)、現在は次世代のアローカナ2羽が交互に産卵しているような状況です。

1日平均1個と、なんとも寂しいですがそれは仕方ありません。

また、当然冬で気温も低いので、産卵数も自然と少なくなるとのこと。

1個でも産んでくれるだけでありがたいですね。

もちろん、もう少しで卵を産んでくれそうなアローカナたちも元気に育っています。

順調に育ってくれれば、美味しい卵を産んでくれるでしょう。

これからもしっかりと世話をしていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました