我が家のニワトリ(90)〜1日7個!?アローカナの卵の最高記録となりました

ニワトリ

我が家で飼っているニワトリのアローカナ

3月28日(土)、午前中から風が強く吹いていましたが、朝から天候は晴れ。

家庭菜園もはかどる気持ちのよい1日でしたが、この日はサプライズがありました。

アローカナの卵の1日の回収記録を大きく更新!

なんと、7個の卵が鶏小屋にあったのです!

これまでの記録は1日最大5個!ですから、2個も一気に記録更新です!

通常、我が家では1日2回、アローカナの世話を行います。

1回目は朝。午前7時〜8時頃の間にエサと水を確認して交換します。

この時に卵が運であればまず回収します。

2回目は夕方。午後3時〜4時頃の間に鶏小屋内のエサと水を確認し、エサが足りなくなったり、水が汚れていれば交換しておきます。

この時も卵があれば回収します。

3月28日、この日の朝のエサ・水交換時に確認して回収した卵は2個です。

もちろん、生き物ですから毎日決まった時間に決まった数の卵を産むとは限りませんので、この時間に2個産んであるのは特に珍しいことでもありません。

続いて、夕方の確認時に回収した卵。

なんと5個!朝とあわせて7個です。

これで1日にゲットした卵の記録は更新です!!

 

・・・と、ここで大きな疑問が・・・

1日に7個は本来ならあり得ないのでは?

なぜなら我が家には、卵を産む雌鶏は5羽しかいないのですから・・・

ちなみに、現時点でアローカナは全9羽(雄鶏4羽、雌鶏5羽)しかいません。

普通に考えると、7個の卵があるはずがないのです。。。。

ニワトリは生物学的に卵を産んだら次の卵まで24時間(1日)かかるそうです。

しかし、7個の卵があったことも事実。

そこで、いくつかの仮説を考えてみました。

  1. 朝の回収の際に見落とした→本当は産んであったのに気付かなかった
  2. 朝に回収した2個は前日の夜に産んであったので、24時間経過した雌鶏が次の卵を産んだ→これまでもタイミング的によくあった
  3. 雄鶏だと思っていたアローカナは実は雌鶏だった→その雌鶏が新たに卵を産んだ
  4. 雄鶏が卵を産んだ→ありえませんね(笑)

可能性としては、1か2が考えられます。

とりあえず、我が家ではこれまでもアローカナの産卵数を記録していますが、

便宜上、その日に回収した数=1日の産卵数

としています。(例えば、夕方の世話を終えた後に産卵していたとしてもわざわざ確認まではしませんので。)

そういう意味では、場合によっては産卵可能数よりも多い卵の回収数があり得ることになります。

とはいえ、1日7個の卵をゲットできたことは大変嬉しいです。

昨年末は、「つつき」の悪癖を発現した雌鶏のせいで、産卵できる雌鶏が被害に遭いました。

一時は卵の数も減りましたが、ようやくここまで戻りました。

これからも、大切に世話をするので、美味しい卵をよろしくね!!

タイトルとURLをコピーしました