我が家のニワトリ(92)〜アローカナはどのくらい卵を産むのか?産卵数をまとめてみました(4月10日時点)

ニワトリ

2020年も4月になったと思ったら、あっという間に3分の1が過ぎました。

気温もどんどん上がっていき、本格的に春です。

ということで、我が家で飼っているニワトリのアローカナ

アローカナは一体どのくらいの数の卵を産んでくれるのか?

昨年から引き続き、毎日の産卵数(回収数)の記録を継続中。

今回は、4月10日(金)時点の産卵数のまとめです。

 

まずは、今月の産卵数から見てみましょう。

現時点で、

合計37個!(1日平均3.7個)

現在我が家で卵を産んでくれる雌鶏は全部で5羽。

1日平均3.7個ですから、産卵率はかなり良いと思われます。

もちろん日によって少ない日もありますが、5羽とも産んでくれた日が3日あったのは嬉しいですね。(8〜9日は連続して産んでくれました。)

ちなみに、雌鶏たちは両親ともにアローカナですが、

青い卵を産む雌鶏3羽

茶色い卵(赤玉)を産む雌鶏2羽

です。

アローカナは青い卵を産んでくれることで有名ですが、先祖の遺伝子が強く発現したのか、赤玉を産む雌鶏も。

もちろん、青い卵を産んでくれればいいですが、赤玉でも嬉しいですね。

形や色でどの雌鶏が産んでくれたのかわかります。

卵にもそれぞれ個性があるんですね。

 

続いてこれまでのまとめです。

昨年1年間とも比較してみましょう。

今年は4月10日時点で

合計273個!(1日平均2.7個)

10個入りの卵パックで27パック分です(笑)

もちろん、卵を産んでくれる雌鶏の数も異なりますので昨年との比較はできませんが、これだけ産みたての卵が手に入るのはとっても嬉しいですね。

2020/4/10 本日のアローカナたち

これからも美味しい卵を産んでくれるように、大切に育てて生きたいですね。

だいぶ暖かい季節になってきたので、そろそろ次の雛を孵化させてみようかな?

タイトルとURLをコピーしました