我が家のインコたち㉘〜毛引き症対策で手作りエリザベスカラーを装着したセキセイインコのいーちゃんの様子です(後編)

ペット

我が家のかわいいインコたち。

 

前回の続きです。

前回記事:我が家のインコたち㉗〜毛引き症対策で手作りエリザベスカラーを装着したセキセイインコのいーちゃんの様子です(前編)

「毛引き症」がひどくなったセキセイインコのいーちゃんに、手作りのエリザベスカラーを装着して様子を見始めてから1週間、一時は血だらけで羽毛がなくなってしまったいーちゃんの左脚付近も当初に比べてだいぶ回復してきました。

といっても、いつまでも同じエリザベスカラーを装着しているわけにはいきません。

いーちゃんの負担にもなりそうですし、何よりもいーちゃん自身でなんとかして外してやろうといろいろと試行錯誤している様子もみられます。

実際に、エリザベスカラーを装着してしばらくしてから一度外されていたこともありました。

ここで気付くのが遅いと再び症状が悪化してしまうことも。

そこで、エリザベスカラーについては、ある程度様子を見ながら定期的に外して新しいものに交換することにしています。

2021年2月28日(日)

今年の2月も早いもので最終日となりました。

この日、いーちゃんのエリザベスカラーを外して新しいものに交換することに。

一見してなんとも無いように見えますが・・・

なんとなく首元も緩そうです(笑)

外して見るとこのとおり。

必死になって首回りをくちばしでかじって穴を広げていたようです。

ここまでくると、あとは外されるまで時間の問題でした。

万が一外されていたら、その間に再度くちばしで再び患部を突いてさらに悪化していたかもしれません。。。

一時的に首の周りの余計な物がなくなりスッキリのいーちゃん。

左脚もにもだいぶ羽毛が出始めました。

しばらくの間、手元で様子を見ながら自由に遊ばせます。

 

と、時間がきたら再びエリザベスカラーを装着です。

少しかわいそうですが、これもいーちゃんのためと心を鬼にして装着させます。

もちろん、暴れますがそこは加減しながら固定しつつ素早く装着です。

再びエリザベスカラーを装着したいーちゃん。

「またか・・・」という表情に見えてしまうのは気のせいでしょうか(笑)

しばらく手の上を行ったり来たりと遊ばせながら装着状況を確認しておきます。

緩すぎず、きつすぎずと、ちょうど良い具合のようです。

こうして、再びエリザベスカラーを着けて鳥かごへと戻ったいーちゃん。

完治するまでしばらくはこの生活が続きます。

しばらくは様子をしっかりと見ていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました