2020年もゴーヤでグリーンカーテン作り⑩〜ゴーヤの苗をプランターへ移植しました(後編)

ゴーヤでグリーンカーテン

前回(その⑨)の続きです。

今年も種から作り始めたゴーヤのグリーンカーテン

4月に育苗ポットに蒔いた種も発芽し(発芽率は全体で60%でした!)、だいぶ生長しました。

5月30日(土)、いよいよプランターへゴーヤの苗を植え替えます。

ちなみに我が家のゴーヤのグリーンカーテンは、毎回プランターに植えて作ります。

  • グリーンカーテンにするため軒下に作るから(土に直蒔きできない)
  • 移動させる際も手軽にプランターごとで楽
  • ゴーヤは連作が出来ないのでシーズン終了後はそのまま土と一緒に片付けることができる
  • その他、いろいろと管理が楽

といった点から、プランター栽培で行っています。

夕方、太陽も傾き涼しくなってきたのを見計らって、早速作業開始です。

毎回こうやって、何かしら家庭菜園の作業を始めるのはワクワクしますね(笑)

まず準備するのは、

  • ゴーヤの苗
  • 大型のプランター×2個
  • ホームセンターで買ってきたプランター用の土(25L×3袋)

プランターは昨年も使った大きめのサイズのもの。

と、ここで昨年のシーズンの反省点を思いだしました。

このプランター、穴が1箇所しかなく、少し水はけが悪いのです。

ゴーヤはたくさんの水を吸ってどんどん生長するのですが、あまりに水はけが悪いのも根腐れの原因になります。

ということで、今年はあらかじめドリルで穴を開けました

プランターの準備が出来たら、プランター用の土を入れていきます。

プランターひとつに25L入のプランター用の土を1袋まるまると、追加で少し。

土をいれたらいよいよゴーヤの苗を植えます。

まずは4月19日に種を蒔いた株式会社アタリヤ農園さんの「ゴーヤ(にがうり)」の苗。

プランターに植えることが出来る苗は2つが限度。

1番元気に生長していると思われる苗を2つ選びます。

続いて、4月29日に種を蒔いた東北電力さんからいただいたゴーヤの種から育った苗。

こうして作業は無事に終了!

最後に短冊ラベルに日付などを書いてプランターに刺しておきます。

(いつ種を蒔き、いつプランターに植えたのか忘れないように。。。。)

軒下に移動するのはもう少し先ですので、再びビニールハウスの中へ戻します。

(まだ軒下のカーテン用の準備もできていませんので。。。。)

最後はたっぷりの水をかけて本日の作業は全て終了です。

元気に育ってね〜

ということで、今回の作業は無事に終了。

ゴーヤの苗はまだ余っていますので、こちらは別途収穫をメインとして育ててもいいかもしれませんね。

ゴーヤのグリーンカーテン作りはまだまだ始まったばかり。

これからがますます楽しみです。

 

タイトルとURLをコピーしました