春が来たと思ったら今シーズンで1番の積雪となりました(中編)

ガーデニング

前回の続きです。

2020年3月29日(日)、明け方から降り始めた雪は午後までやむこともなく、今シーズンで1番の積雪となりました。

例年にない暖冬で、まとまった雪はほとんど降らなかったこの冬でしたが、4月を目の前にして思い出したかのように積もりました。

前日までは春の陽気。

家庭菜園の作業も行い、畑には長ネギを植えましたが、まさかその翌日にこれほど降るとは思いもしません。

「関東甲信越では大雪のおそれ」

という天気予報は聞いていましたが、見事に当たりました。(予報は正確ですね・・・)

雪といえば、犬!

歌にもあるように、犬は雪の中を喜んで駆け回るはず!

ということで、雪は降り続いていますが、毎日の日課のとおりにお散歩に出かけましょう。

ゴンちゃんはどんな反応を示すでしょうか?

予想通り、雪が気になってしかたないようです。

クンクンと雪の匂いを嗅ぎながらいつものお散歩コースを進みます。

ゴンちゃんもまだ1歳2か月。

これだけの積雪は生まれて初めてのはず。

どうやら雪が不思議でしょうがないようですね。

雪の中足は寒くないのでしょうか?

どんどん雪の積もった草むらに入っていきます。

2020/3/29 我が家の愛犬黒柴のゴンちゃん〜雪の中お散歩

いつものお散歩コースは、桃畑の中を通ります。

まもなく桃の花も見頃になるじきでしたが・・・・

開花までもう少しというところで冬に逆戻りですね。

ちなみに、ご近所の桃農家さんによると、

「今年は暖冬のため、桃の収穫にどのような影響がでるかわからない。冬は寒いのが当たり前なのに、今年は雪も降らず暖冬だったから、それがプラスになるか、マイナスになるか正直わからない。」

とのこと。

暖冬の影響は、こうした果物の収穫にも大きな影響を与える可能性があるようです。

道ばたのつくしんぼもこのように雪に隠れています。

季節外れの雪ですが、午後には雪もやむようです。

比較的気温は高いので、あっという間に溶けるでしょう。

 

次回へ続きます〜

(おまけ)

タイトルとURLをコピーしました