我が家の家庭菜園⑪〜温室育ちの野菜たち〜冬でもビニールハウスの中はポカポカです

家庭菜園

年も明け、1月も4日目となりました。

昨年は年末にどっと大雪が降りましたが、今年はそれほど雪も降らず、元日から今日まで天気も大きくは崩れず、晴れの日が続いています。

とはいえ1月、季節は真冬。

遠くの山には真っ白く雪雲がかかり、時折風に乗って雪がこの辺りにもちらついています。

冷たい風が吹き込むと、さすがに外での作業も寒くて厳しいです。

この寒さでは屋外の畑でもたいしたものは作れません。

しかし、我が家にはそんな寒さも関係ない家庭菜園の強い味方、ビニールハウスがあるのです。

外は寒くても、多少お日様の光があれば、あっという間にハウスの中の季節は春

野菜たちも寒さに関係なくどんどん育ちます。

今日のビニールハウス内の温度は、午後3時の時点で20℃ほど。

屋外は薄氷が張っているくらいの寒さですので、ハウスの中はまさに春の陽気です。

現在ビニールハウスの中で育てているのは、

  • ストック
  • いちご
  • チンゲンサイ
  • 小松菜
  • ホウレンソウ
  • シュンギク
  • 水菜
  • アローカナ(笑)

まずは、ストック。赤やピンクの花が綺麗に咲く(予定の)花です。

沢山植えましたが、成長にばらつきがあるようです。

まったく育たなかった苗もあれば、大きく育ったものもあります。

こちらはイチゴ。

屋外で作っていたイチゴを植え替えたのですが、こちらはあまり上手く育っていないようです。

何が原因なのでしょうか?

右がチンゲンサイ。

左はアローカナ(ニワトリ)です。。。

アローカナは昨年の10月7日に孵化したひよこたちです。

すっかり大きくなりましたが、鶏小屋では他の大人の個体にいじめられるおそれがあるため、現在は暖かいビニールハウスの中に避難中です。

鶏小屋の方は、若干日当たりが悪く、風通しもよくて寒いため、雛鳥たちにとってはビニールハウスの中の方が暖かくて過ごしやすいはず。

卵から無事に孵化したのは6羽でしたが、現在まで元気に育ったのはこの4羽です。

野菜たちは、外の寒さも気にせずに、どんどん育っています。

アローカナたちも、ポカポカの陽気で、気持ちよさそうにうたた寝していることも。

寒い季節はこれからしばらく続くので、ビニールハウスを有効に活用して、野菜やニワトリたちを育てて生きましょう。

タイトルとURLをコピーしました