キウイフルーツを育てる①〜苗木を植える

家庭菜園

今回はキウイフルーツです。

誰でも知っているあの果物。

キウイフルーツ: kiwifruit)は、マタタビ科マタタビ属の雌雄異株の落葉蔓性植物の果実である。また、マタタビ属のActinidia deliciosaを指して特にキウイフルーツとも呼ぶ。(ウィキペディアより)

家族みんな大好きで、特にヨーグルトに入れて食べるのが我が家の流儀。

そんなキウイフルーツを是非とも自宅で育てたい!

そしてお腹いっぱいキウイフルーツを食べたい!

ということで、庭先でキウイフルーツを育てることになりました。

季節も間もなく春を迎えようとしている3月下旬、苗木を購入しようと町内の園芸専門店にお邪魔します。

いろいろと果物類の苗木はありますが、肝心のキウイフルーツは売り切れた様子です。(そんなに需要があるのでしょうか?)

次にお邪魔したのが、農業用品メインのチェーン店。

店先をのぞいたら、キウイフルーツの苗木が置いてありました!

しかも、種類の異なる苗木が揃えてあります。

地元の気候も考えて店先に置いてあるのでしょうから、どれを植えても心配は無いはず。

いろいろ検討の結果

  • ゴールデン……雌株2本
  • ゴールデンアップル……雌株1本
  • 黄色系雄株1本

の合計4本の苗木を購入です。

キウイフルーツは、ご存じのとおり雄雌がありますので、雌株だけでは実はなりません。

ですから、対応した雄株も一緒に購入です。

キウイフルーツはみどり色の果実が一般的なイメージかもしれませんが、しばらく前から黄色系も身近になってきたので、我が家でも黄色系を育てることに。

こうして購入したキウイフルーツを、我が家の庭先へ植えます。

キウイフルーツを育てている人は以外に多く、親戚や知り合いも作っています。

皆さん曰く、

勝手にどんどん育つので、手入れを怠れば荒れ放題になる

だそうです。

どうやら、あまり神経質にならなくても大丈夫そうですね。

こうして植えたキウイフルーツの苗木。

早く実がなって欲しいですが、まずは棚を作らなければ!

続きます。

タイトルとURLをコピーしました