我が家のニワトリ㊲〜鶏小屋の中のアローカナたち

ニワトリ

昨年の8月から飼い始めた我が家のニワトリたち。

現在、鶏小屋の中に12羽、育雛箱の中に3羽のアローカナがいます。

ひな鳥から飼い始め、成長して、卵を産み、そこからひよこを孵化さ、何とかここまでになりました。

野良猫に襲われたり、弱って死んでしまったりと、悲しい出来事もありましたが、今のところ合計15羽のアローカナたちはそれぞれ元気に過ごしています。

そんなアローカナの鶏小屋の中での様子を見てみましょう。

まずはアローカナファミリーの長、一家の大黒柱たるお父さんアローカナです。

毎朝、必ず鶏小屋の付近に近づくと、様子を察して高い場所に上り、周囲を警戒します。

羽をバサバサ広げ、コケコッコーと鳴く姿は貫禄があります。

2019/9/8 本日のアローカナたち

その子どもとなるアローカナ。

今年の5月の中旬に卵から孵化したひな鳥です。

とさかの様子からも間違いなく雄鶏ですね。

さすがにお父さんアローカナほどの貫禄はまだありません(笑)

エサと水は朝と夕方にそれぞれ交換、つぎ足します。

エサがもらえると分かるのが、アローカナたちは周りに集まってきます。

鶏小屋の中にある小型の小屋の中には、7月に孵化したひな鳥たちが。

完全な鶏小屋デビュー待ちで、しばらく慣らすためです。

その天井が、先に孵化したひな鳥たちのエサ場。

みんな仲良く並んで食べます。

向かって1番左の雄鶏は、今年の3月に初めて我が家で卵から孵化したアローカナ。

他の4羽は5月中旬に孵化したアローカナです。

色がそれぞれ違いますが、親はすべて白色です。

白、茶色混じりの白、黒、茶黒と、一見して違う種類みたい。

夕方のエサの時間にあわせて、卵を産んだか確認です。

この日は3個ありました。

卵を産む雌鶏は、現在3羽。(昨年8月から飼い始めた最初のアローカナです。)

日によっては卵を産まない時もありますが、調子が良ければこうして卵を産んでくれるので、確認する時がとても楽しみです。

2019/9/8 本日のアローカナ〜夕方のエサの時間です

アローカナとの生活は日常の一部。

毎日の世話も楽しみのひとつですね。

 

タイトルとURLをコピーしました