我が家のニワトリ(216)〜11月4〜5日に卵から孵化したひよこたちの成長の記録です(その⑤)

ニワトリ

我が家で飼っているニワトリのアローカナ

 

11月4〜5日にかけて卵から孵化したアローカナのひよこたち

一般的に「ひよこ(初生ひな)」と呼ばれる時期は、孵化初日〜7日目まで。

それ以降は、「小びな」と呼ばれる時期となります。

  • 小びな:孵化8日目〜28日目

といっても我が家では「ひよこたち」の愛称で呼ばれている彼らですが、前回までに引き続き、その成長の様子を見ていきます。

今回は、孵化後4週間(28日目)まで、「小びな」最後の日までです。

前回記事:我が家のニワトリ(215)〜11月4〜5日に卵から孵化したひよこたちの成長の記録です(その④)

  • 11月4〜5日にかけて全部で9羽が孵化していますが、最初に孵化した「11月4日を基準日」として日数をカウントしています。

 

11月26日〜孵化22日目〜

卵から孵化して3週間が経過しました。

いよいよ4週目に突入です。

この頃になると、元々すばしっこかったひよこたちですが、さらに「ジャンプ力」がついてきます。

好奇心旺盛な彼らは、育雛箱のフタが開くのを待っており、開いた瞬間に飛び出してきます。

性格の違いもあるようですが、やはり高いところが好きなようです。

2020/11/26 本日のアローカナのひよこたち

 

11月29日〜孵化25日目〜

卵から孵化して25日目。

最近は、日中ビニールハウスで過ごすことが多くなりました。

狭い育雛箱の中よりも、土がある屋外の方が気に入っているようです。

1羽だけいる黒色のひよこ。

彼は他のひよこたちに比べてとっても好奇心が強く、怖い物知らずです(笑)

2020/11/29 本日のアローカナのひよこたち

 

12月2日〜孵化28日目〜

孵化してから28日目。

この日で「小びな」の呼び方も終了で、明日からはいよいよ「中びな」です。

  • 中びな:孵化29日目〜70日目

夕方は気温が低くなるのも早いので、日が沈まないうちに育雛箱へと入れて屋内へ戻ります。

もう少し大きくなれば多少の寒さも我慢できるのでしょうが、今しばらくは屋内で夜を過ごします。

寝る前のご飯ということで、家庭菜園で収穫した野菜です。

みんな喜んで食べてくれます。

こうして腕の上に乗ってエサを食べてくれるのもこの時期だけ。

これ以上大きくなると大変です(笑)

2020/12/2 本日のアローカナのひよこたち

 

ということで、卵から孵化して28日目までの様子でした。

明日からはいよいよ「中びな」ということで、これからますます「ニワトリ」らしく成長していきます。

9羽すべてが無事に育つように、大切に育てていきたいと思います〜

タイトルとURLをコピーしました