我が家の薪ストーブ(その⑨)〜今シーズンの薪ストーブも終了!最後の〆は焼き芋です

薪ストーブ

我が家の冬場の楽しみのひとつ、薪ストーブ

エアコンや床暖房もいいのですが、やはり薪ストーブの暖かさは他の暖房器具にはない独特の温かみがあります。

そんな薪ストーブも、春を迎え気温もだいぶ高くなってきたので、いよいよシーズンも終了です。

今シーズンの薪ストーブの利用開始は、昨年11月17日。

この冬は例年にない暖冬で、一昨年の冬場よりはだいぶ平均気温も高かったようですが、それでも冬場は当然寒いので薪ストーブはフル稼動。

ほぼ毎日夕方になると、「そろそろやりますか?」という感じで(笑)薪をくべて、火をいれていました。

 

そんな薪ストーブも、4月中旬まではまだ朝方も少し肌寒い日もあり活躍していましたが、下旬ともなれば一気に気温もあがってきたので、今シーズンの利用もそろそろ終了です。

ということで、最後の〆として

薪ストーブを利用して焼き芋を作ります!

薪ストーブを利用した焼き芋作りは、これまでも何度か挑戦しています。

(薪ストーブで焼き芋作り〜前編後編より)

初めて作ったときは、火の加減もよくわからず、焦がしたり炭にしてしまったりしたこともありましたが、何度か挑戦すれば次第にコツもつかめてきました。

ポイントは、薪が熾火(おきび)の状態でじっくりと焼くこと!これに尽きます。

さっそく、焼き芋作りです。

今回焼き芋にするサツマイモは、地元のスーパーにて購入したものを使用します。

前日の夜から薪ストーブを使用していたので、朝の段階で薪ストーブの準備は万端!

朝食のデザートとして焼き芋を食べることにします。

ストーブ内の薪は熾火の状態になっていますので、サツマイモを新聞紙で包み、さらにアルミホイルで包んでストーブ内にいれます。

じっくり待つこと約20分。(焼いている時間はストーブ内の薪の火力やサツマイモのサイズなどで前後します〜ほぼ適当な感覚です)

薪ストーブからサツマイモを取り出します。

包んでいたアルミホイルと新聞の中から出てきたのは、美味しそうな焼き芋〜

皮をめくると黄金色に輝いていますね(笑)

皮も焦げることなく、上手く焼けました。

割って見ると、ジワ〜とサツマイモの蜜があふれてきます。

これは美味しそうです。

さっそく、朝食のデザートに焼きたての焼き芋です。

焼き芋大好きの娘も大満足。

朝からお腹いっぱい焼き芋を堪能しました。

 

こうして、今シーズンの薪ストーブも終了です。

また、秋になり、肌寒い季節になってきたら活躍してもらいましょう。

その時に備えて、家庭菜園でたくさんサツマイモを作らなければ!!

 

以上、薪ストーブで焼き芋作りでした。

 

 

タイトルとURLをコピーしました