正月三が日、山寺へ行ってきました(その②)

観光

前回(その①)の続きです。

正月三が日の1月3日(金)、電車を利用して

山形県山形市にある「山寺」(立石寺)

へ行ってきました。

JR山寺駅から山寺の入口までは歩いて5分程度です。

道沿いには案内看板もありますので、ほぼ迷うことはありません。

門前通りはお土産屋等の店が立ち並んでいますが、正月三が日でこの時間のせいか、人もまばら(ほぼ誰もいません)で、店もあまり開いていませんでした。

山寺の入口に到着です。

目の前には大きく、「山寺」!

そして、上る階段の反対側を見てみると・・・・

足下には、さりげなく

「登山口」とかかれた案内看板

そう、山寺は「お参り」というよりは、「登山」という表現がぴったりです。(笑)

そして「奥之院まで1000段」とも。

ここから、約1000段の階段をあがることに。

それでは、いざ出発!

山門をくぐり、最初の階段を上ると目の前に見えるのが「根本中堂」。

こちらでさっそくお賽銭を入れてお参りです。

今年1年無事に過ごせますように・・・・

その前に、無事に奥之院まで上って降りてこれますように・・・

お参りを済ませ、奥之院までの登山口である山門まで歩きます。

山門までの間に、有名な

「閑さや岩にしみ入る蝉の声」

を詠んだ俳人、松尾芭蕉の像が。そのお隣には、弟子の曽良の像も。

(詠んだ句の碑は後ろになってしまいましたが・・・・・)

元禄2年(1689年)に松尾芭蕉が旅の途中で訪れ、その時のことが『おくのほそ道』に書かれている。

また、当地で名句「閑さや 巖にしみ入る 蝉の声」を詠んでおり、参道に句碑がある。

ウィキペデアより)

約330年前、松尾芭蕉達もここを訪れたんですね。

芭蕉の時代に思いをはせながら、いざ山門へ。

ここで入場料、もとい拝観料を払います。

ちなみに、拝観料は

  • 大 人 300円
  • 高校生 300円
  • 中学生 200円
  • 幼児(4歳以上)〜小学生 100円
  • 団体割引(30名以上)あり

でした。(R1.1.3現在)

山門をくぐっていよいよ奥之院まで階段をひたすら上ります。

階段総数は約1000段!

1段ずつ煩悩を消していきましょう。

奥之院に到着する頃には、俗世の煩悩も消えているでしょうか?

 

次回(その③)へ続きます。(次回で終わりです)

タイトルとURLをコピーしました