我が家のニワトリ㉕〜快適な環境を目指して育雛箱の改良です(後編)

ニワトリ

前回の続きです。

今回卵から孵化させた7羽のアローカナのひよこたち。

7羽のうち1羽が亡くなったことで、改めてひよこたちの環境を見直すことにしました。

孵化したばかりのひよこたちを育てる場合、何より大切なことは

温度管理

です。

ひよこが弱ったり、死んでしまう原因は

温度が低い

ことがほとんどだそうです。

昔、お祭りなどで時折見かけた「ひよこ売り」。

そこでせっかく買ってきても、すぐに死んでしまったという話をよく聞きます。

これは寒すぎることが原因のようです。

また、可愛いからといって、手のひらに乗せて遊ぶのも弱らせる原因のひとつとのこと。

人間の手も、ひよこたちに取っては冷た過ぎる場合もあるようです。

もちろん、我が家は寒さ対策実施済み。

ひよこ電球にサーモスタットを接続し、設定温度を保てるようにしてあります。

今回(7/16〜7/17孵化)を含めると、これまでに4回孵卵器でニワトリの卵を孵化させて育てていますので、そのあたりの対策は万全かと思われます。

と、改めてこれまでを振り返ってみると、これまで卵を孵化させた時期は、

1月から5月にかけて、つまり冬から春にかけての時期でした。

特に、真冬の寒い時期のチャレンジから始まりましたので、寒さ対策には力入れていました。

一方で、今は夏。

今年は天候不順で肌寒かったとはいえ、そろそろ夏らしい天気を取り戻そうとしており、日に日に蒸し暑さがましてきているこの時期です。

暑すぎるのも良くないのでは?

そもそも我が家の育雛(いくすう)箱は、ホームセンターで購入の衣装ケースです。

蓋をすれば確かに暖かい環境です。

でも、通気性が悪すぎるのでは?

確かに、ニワトリに関する書籍や、ニワトリをひよこから育てている方のHPなどを見ても、総じて

  • 保温性や通気性の観点から、育雛箱は木製がよい

という意見が大半です。

(もちろん、我が家のように衣装ケースや水槽を使用している方もいるようですが)

そこで、通気性を高めるために、我が家にある材料で金網の蓋を作ることにしました。

難しい作業ではありませでしたので、所要時間は30分少々でした。

早速育雛箱にセットします。

ピッタリでした。

これで通気性はバッチリ。ひよこが脱走することもありませんね。

寒すぎる場合は、ケースの蓋を被せればいいかと思われます。

こうして、多少はひよこたちの環境も改善されたのではないかと思います。

今後はもっと快適な育雛箱を作りたいと密かに構想中ですが、まずは、このひよこたちを無事に大きく育てていきたいと思います。

2019/7/26 アローカナのひよこたち
タイトルとURLをコピーしました