我が家のニワトリ(68)〜アローカナはどのくらい卵を産むのか?記録をまとめてみました(11月のまとめ)

ニワトリ

我が家で飼っているニワトリのアローカナ。

これまで卵を産むのは、昨年8月から飼い始めた最初の雌鶏3羽のみでしたが、

ついに次世代のアローカナの1羽が卵を産むようになりました。(その67

これまで1日3個の卵が限界でしたが、これで遂に1日最大4個!

とりあえず目標は1日5〜6個の卵ですので、目標までもう少しです。

11月中の産卵の記録も加えて、これまでの産卵数を見てみましょう。

幸せの青い卵から孵化したアローカナのひな鳥が産んだ卵は青色ではなく茶色

最初はびっくりしましたが、でも、卵を産んでくれるだけでOKですよ〜。

というわけで、11月23日に初卵(ういらん)を確認してから、理屈としては1日最大4個になるはず・・・と思っていたら、見事に11月25日に1日4個の卵を確認出来ました。

親鶏3羽は、それぞれ青い卵(大きさは若干ちがいますが)を産むので、どの個体がどの卵を産んだかわかりませんが、茶色の卵があれば子世代が産んだ卵であることは間違いありませんので、わかりやすいですね(笑)

ちなみに、上のカレンダーでは数のみで内訳までは記載していませんが、11月25日から30日までの間は、毎日茶色の卵がありましたので、かなり優秀な産卵率かもしれません。

続いて年間のまとめです。

子世代が卵を産んでくれたおかげで、産卵数としてはちょうど10月と同じ数になりました。

年間を通じて平均1日2.2個。

合計662個の卵を産んでくれたので、10個入りの卵パックを66パック分です!

12月に入ると寒さで産卵率もどうなるかわかりませんが、頑張って卵を産んでほしいですね。

もちろん、引き続き大事に育てていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました