我が家のニワトリ(171)〜6月に卵から孵化したアローカナは立派な「成鶏」となりました(その③)

ニワトリ

我が家で飼っているニワトリのアローカナ

 

前回までに引き続き、6月1日に孵卵器で孵化したアローカナの成長の記録です。

前回記事:我が家のニワトリ(170)〜6月に卵から孵化したアローカナは立派な「成鶏」となりました(その②)

ニワトリは孵化後の日数により、一般的に

  • 0〜7日目:初生ひな(いわゆる「ひよこ」)
  • 8〜28日目:小びな
  • 29〜70日目:中びな
  • 71〜125日目:大びな
  • 126日目〜:成鶏!

とされています。

前回は「ひよこ」の期間を振り返ったので、今回は

「小びな」(孵化後8日目〜28日目)の成長の様子

を振り返ってみたいと思います。

※我が家では、成長しても次の世代のひよこが孵化するまでしばらくの間は、愛称として「ひよこ」と呼んでいます。

 

6月9日(火)〜孵化8日目〜

卵から孵化して8日目。

見た目は可愛いひよこですが、日数的にはこの日から「小びな」です。

この頃から、羽毛がはっきりとしてくる感じで、いわゆる「鳥の羽」が見えてくるという印象です。

2020/6/9 本日のアローカナのひよこたち

 

6月15日(月)〜孵化14日目〜

孵化から2週間が経ちました。

1週間前と比較すると、かなり顔や体つきがしっかりとしてきた印象です。

なお、一昨日に2羽いたうちの1羽のひよこが残念ながら亡くなりました。

参考記事:我が家のニワトリ(116)〜孵卵器で孵化させたひよこたちを鶏小屋へと入れてみましたが残念な結果となりました(後悔と反省の記録です)〜前編〜後編

それ以降、このひよこは1羽自宅内でしばらく飼うことになるのでした。

2020/6/15 本日のアローカナのひよこたち

 

6月22日(月)〜孵化21日目〜

孵化から3週間が過ぎました。

羽もかなり大きくなり、ジャンプ力もつきました。

育雛箱からは余裕で飛び出すことができますし、多少の高さまでは飛び上がることも可能です。

完全に人間を親だと思っているので、「後追い」をします。

その様子はとっても可愛いです。

2020/6/22 本日のアローカナのひよこたち

 

6月29日(月)〜孵化28日目〜

時が経つのはあっという間。

孵化して28日目となりました。

「小びな」と呼ばれる最後の日で、明日からはいよいよ「中びな」です。

順調にたくましく育っていますね。(孵化して間もなくのひよこの可愛さはほぼありませんが。。。)

2020/6/29 本日のアローカナのひよこたち

こうして「小びな」の時期を振り返ってみましたが、改めてみてみるとその成長の早さに驚かされます。

次回は「中びな」です。

 

続きます〜

次回記事:我が家のニワトリ(172)〜6月に卵から孵化したアローカナは立派な「成鶏」となりました(その④)

タイトルとURLをコピーしました