2020年もゴーヤでグリーンカーテン作り④〜ゴーヤの種を育苗ポットへ植えました

ゴーヤでグリーンカーテン

ほぼ毎年作っているゴーヤのグリーンカーテン

強い日差しを遮ってくれて省エネルギー対策として、何よりも食べて美味しいゴーヤが作れる一石二鳥以上のグリーンカーテンを今年も作るべく、今年も種から準備を始めました。

(今年もやります!まずは種から準備です〜前編中編後編より)

ゴーヤの先端を詰めきりで少し切り取って、少し水を張った容器にいれ、新聞をかけて暗くして寝かせます。

種の準備をしてから4日後・・・

よく見ると芽が出てきました。

このままではもちろん育ちませんので、いよいよ土に種を蒔きます。

ホームセンターで買ってきたプランター用の土を育苗ポットへ入れます。

昔から農業用語で「苗半作」という言葉があります。

元々は稲作の言葉で、その年のお米の出来具合は苗の仕上がり次第という意味だそうです。

要は、「苗が大事!」ということで、全ての作物に通じる言葉ですね。

ということでゴーヤも苗から大切に育てましょう!

それぞれのポットへ用意した種を1個ずつ植えます。

軽く穴を開けたら種を植え、そっと上から優しく土をかけます。

種は全部で15個ありましたので、15個のポットに全て植えました。

発芽率は70%以上ということですので、11ポット以上苗が育てばOK!

最後にたっぷりとみずをかけて作業終了です!

はたしてどれだけの苗が上手く育つでしょうか?

まずは芽が出るのが楽しみですね〜

 

(おまけ)

ビニールハウスの中では家庭菜園用の苗が順調に育っています。

今年もいっぱい野菜を作るぞ〜

タイトルとURLをコピーしました