我が家の家庭菜園⑯〜今シーズンも畑にジャガイモを植えました(中編)

家庭菜園

前回の続きです。

3月7日(土)、天気は朝から晴れて、風もなく穏やかな1日です。

こんな日は絶好の畑作業日和!

翌日以降の天候も予報ではあまり良くないようですので、やるなら本日しかない!

ということで、マメトラで耕しておいた畑に、

ジャガイモを植えます!

いよいよジャガイモの種芋の植え付けです。

先週マメトラで耕しておいた畑ですが、あらかじめジャガイモを植えるように畝(うね)をつくっておきました。

メジャーを当てておいて、30cm間隔でスコップで穴を掘っておきます。

種芋は、そのまま植えてもいいようですが、サイズが大きいものは包丁で半分に切って分けていしまいます。

切った種芋の断面には、灰を塗ります。

これは消毒の役割となり、雑菌により種芋が腐るのを防いでくれるようです。

ちなみに、この灰。

もちろん、我が家の薪ストーブから出た灰を利用しています。

使えるものは何でも有効活用です。

家庭菜園を初めて農業の勉強をすると、いろいろと奥が深いことがわかって面白いですね。

いよいよ種芋を植え付けます。

といっても、あまり難しいことは考えずに、掘った穴にどんどん植えていくだけです。

作業は単純ですが、何より数があるので、どんどん作業を進めましょう!!

2020/3/7 ジャガイモの植え付け(その3)

植え付け作業はまだまだ終わりません〜

 

次回(後編)へ続きます。

タイトルとURLをコピーしました