我が家の家庭菜園㉑〜マメトラのオイル交換をしてから畑を耕します(中編)

家庭菜園

前回(前編)の続きです。

4月も中旬を迎え、今シーズンの家庭菜園の作業もいよいよ本格的に始まりました。

畑を耕すのに使用するのは、我が家の家庭菜園の強い味方であるマメトラ農機株式会社さんの

「マメトラリターンカルチ MRV2K6」!

本格的に活躍してもらう時期となりましたので、点検を兼ねてオイル交換を行いました。

交換作業は昨年も行っていますが、あらためて取扱説明書を確認してから行います。

オイルゲージをチェックすると、オイル量は適正ですが、

色は真っ黒でドロドロです・・・

ドレーンプラグをレンチで回して外し、中のオイルを抜き出します。

(あらかじめ機体の下にはオイル受けの容器を置いておきましょう)

流れ出てきたエンジンオイルは真っ黒でした・・・・

このまま使用していればエンジンには良くなかったですね。

オイルを抜ききったら、ドレーンプラグを締め直して、新しいエンジンオイルを注入です。

ついでに、エアクリーナーも取り外して洗浄します。

中身はやっぱり細かい粉塵で真っ黒に汚れていました。

こちらも汚れがひどくなるとエンジンの出力が落ちるとのこと。

とりあえず自分で出来る点検はひととおり行います。

点検、オイル交換等の作業は約30分程度で終了!

スッキリしたところで、早速エンジン始動です。

オイルも交換し、エアクリーナーも洗浄したからでしょうか?

なんとなくマメトラのパワーも上がったような気がします(笑)

これからのシーズンはたくさん畑を耕す機会がありますので、もう少しこまめに点検したほうがいいかもしれませんね。。。。

そういえば、リンカーンも言っています。

「もし8時間、木を切る時間を与えられたら、そのうち6時間を私は斧を研ぐのに使うだろう。」

と。

ということで、整備後のマメトラの初仕事。

裏庭の畑を早速耕してみましょう。

まず耕すのは、菜花を植えていた範囲です。

収穫のシーズンを終え、全部取り除いて石灰や肥料をあらかじめ撒いておきました。

天気もよく、最高の作業日和。

無心でマメトラを使って畑を耕すのは面白いですね。

 

続きます〜

タイトルとURLをコピーしました