庭先のコキア(その⑥)〜11月に入りコキアもだいぶ茶色く色あせてきました

ガーデニング

11月です。

今年も早いもので、残り2か月を切りました。

先日は最後のゴーヤも撤収し、庭先のアサガオも間もなく種を取って終わりです。

庭先に植えた我が家のコキアも、秋が深まるにつれて、鮮やかだった赤色から、次第に色あせてきました。

前回(その⑤)から、どのようにコキアの色合いが変わっていったか見てみましょう。

まずは10月23日の様子。

この時点で、最盛期は過ぎたようですが、まだ目が覚めるような赤色は残っています。

少しずつ赤の色が抜け始めたようにも見えます。

10月26日、この頃からはっきりと色あせ始めてきたのがわかります。

10月29日、かなり茶色くなってきました。

内側辺りはまだ赤身が残っているようです。

11月2日、内側はうっすらと赤身が残っていますが、表面はだいぶ茶色くなりました。

改めて最盛期の色と比較してみます。

左が10月17日、右が11月2日です。約2週間ちょっとで、色がすっかり抜けたのがわかります。

完全に乾ききれば、「ほうき」も作れます。(別名「ホウキグサ」です)

最後までコキアは楽しめそうですね。

タイトルとURLをコピーしました