庭先のコキア(その⑪)〜気付いたらコキアの芽が山ほど出ていました

ガーデニング

年が明けたと思っていたら、あっという間に1月、2月も終わり、3月となってしまいました。

今年は暖冬の影響で、あまり寒くもなく、例年になく春の気配が早く感じられます。

3月1日(日)、風もなく穏やかな陽気で、まるで4月上旬のような気温となり、少し早めに自宅周りの畑で作業をしていたところ、何気なく畑脇の土手に目をやると、何やら土手の一部が

うっすらと紫色

になっていることに気付きました。

思い起こせば、この土手は昨シーズンコキアが植えてあった場所です。

もちろん、コキアは全て撤収し、その一部はホウキに姿を変えました。

(コキアでホウキ作り〜前編後編

そのコキアが植えてあった場所です・・・ということは?

土手を近くでよく見てみると・・・・

さらに近づいてみてみます。

なんと!!!!全てコキアの芽です。

植えてあったコキアから種がこぼれ、暖かくなって見事に芽を出していました!

しかもかなりの量!?

あっちもこっちも・・・

見事なまでに、コキアは子孫を残していたようですね。

この小さい芽がいずれは・・・

こうなるのでしょうか?

 

ということで、大量のコキアの芽。

全てを育てるわけにはいきませんが、様子を見ながら、今シーズンも育ててみたいと思います。

(まずは、余分な芽は取り除かなければ・・・・・)

タイトルとURLをコピーしました