2020年はヒョウタン作りにチャレンジです(その⑪)〜ヒョウタンの実を収穫しました

ガーデニング

今年はヒョウタン(大ひょうたん)に挑戦中。

7月の大雨の影響か、病気でツルが枯れるなどして生長もいまいちでしたが、残ったツルからなんとかヒョウタンも形になってきました。

ということで、5月10日(日)に種を蒔いてからちょうど17週目となった9月6日(日)、ついにヒョウタンの実を収穫しました。

前回記事:2020年はヒョウタン作りにチャレンジです(その⑩)〜種まきから16週目。8月も終了です。

9月6日(日)〜収穫〜

この日は朝から天候もくもりで涼しい1日でしたが、作業は午後から開始です。

まずはヒョウタンの状態を確認します。

全部でプランターを3個にそれぞれ苗を2つずつ植えましたが、病気のせいか、ツルはほぼ枯れており、かろうじて生き残った1本のツルからヒョウタンがなっている状態です。

念のため、見えているヒョウタンのツルをたどってみましたが、行き着く先は1本の苗でした。

残りのツルは枯れて根元で折れていました。

早速、収穫です。

今回は娘が手伝ってくれました。1個1個のヒョウタンをハサミで切っていきます。

 

今回用意したヒョウタンの苗は全部で6つ。

それぞれ、大きめのプランターに2苗ずつ植えました。

  • 子どもたちもそれぞれ「自分用に」プランターを用意したので、あわせて3つの様子を観察していきます。(真ん中は息子、右は娘のヒョウタンです)

その結果は・・・・

結果、残念ながら息子のヒョウタンは全滅・・・

娘のヒョウタンもかろうじて2個だけ出来ていました。

全て同じ種から育てたヒョウタンですので、特に違いはなさそうですが、結果として病気にかからず残った1本でなんとか数を稼いだ感じです。

ということで、今回無事に出来たヒョウタンはこちら。

品種は「大ひょうたん」ですので、大きいと30cmを超えるようですが、今回は大きくても20㎝ぐらいでした。

 

収穫したヒョウタンと一緒に記念写真(笑)

 

ということで、ヒョウタンの収穫もおわり、ツルも全て撤収しました。

あとは、収穫したヒョウタンの処理が必要です。

口を切って水に浸けて中身を腐らせるのですが・・・

とりあえず作業は次回以降に持ち越しです〜

 

(おまけ)

色は違いますが少し似ているバターナッツ。こちらも自家製です。

タイトルとURLをコピーしました