2020年、今年もツバメがやってきました⑦〜無事に巣立った5羽の子ツバメは元気に育っています

ツバメ

今年も我が家にやってきたツバメたち。

軒下の巣では5羽の雛が卵から孵化し、7月5日〜7日の間に全ての子ツバメ無事に巣立つことができました。

参考記事:2020年、今年もツバメがやってきました⑥〜5羽の子ツバメは無事に巣立ちました

巣を離れた子ツバメたちは、もう巣には戻ることはなさそうです。

無事に雛が孵化して巣立ちを見送った巣に、もうツバメの姿はありません。

一方で、巣を離れた子ツバメたちはどうしているのでしょうか?

巣立ち以降の子ツバメたちの様子を見てみましょう。

 

7月8日(水)

巣を離れた子ツバメたちは、我が家のまわりで独り立ちに向けて訓練中のようです。

楽しそうに?あたりを飛び回り、時にはゴーヤのグリーンカーテン用の支柱にとまって休んでいます。

2020/7/8 ツバメの様子

7月9日(水)

巣に戻ることがなくなった子ツバメたち。

夜の間はどこで休んでいるのかというと・・・

早朝、我が家のまわりを確認してみたところ、軒下の外灯の上で休んでいる姿を発見。

1羽だけのところをみると、おそらく最後に孵化した子ツバメでしょう。

他の兄姉たちはすでにあたりを飛び回っていました。

7月11日(土)

午後7時頃の様子です。

あたりはまだ明るいですが、子ツバメたちはそろそろお休みのようです。

と、軒下をよく見てみると・・・・

ツバメの一家がみんな一緒にお休み中(笑)

親ツバメ2羽、子ツバメ5羽の計7羽が仲良くお互いに見えるところで休んでいました。

なんとも微笑ましい光景ですね。

7月17日(金)

最後の子ツバメが巣立ってから早いものであっという間に10日が経ちました。

子ツバメたちは早朝からあたりを飛び回って独り立ちの訓練中。

夕方には軒下に戻ってきて夜を過ごしますが、次第に日中は姿が見えなくなりました。

おそらくは、より遠くまで飛んでエサを探しているのでしょうか?

疲れたら電線の上でひと休みです。

2020/7/17 ツバメの様子

今後、親ツバメと子ツバメは他のツバメたちと集団となり、やがては南方へと旅だっていくことになるのですが、それまで今しばらくはツバメたちの姿が楽しめそうです。

引き続き見守っていきたいと思います〜

 

次回記事:2020年、今年もツバメがやってきました⑧〜ツバメの一家は元気に過ごしています

タイトルとURLをコピーしました