我が家のニワトリ(56)〜育雛箱が窮屈になったのでひよこたちは新居にお引越です

ニワトリ

10/7に卵から孵化したアローカナのひよこたち。

10/17で、孵化してからちょうど10日目となりました。

6羽のひよこたちは毎日少しずつ成長しています。

ひよこの凄いところは、孵化してから数時間で毛もフサフサの立派な「ひよこ」 になることです。

そして自分の足で立って歩いて、エサを食べたり水を飲んだり出来ることです。

雛の状態でしばらくの間親鳥からエサをもらわないと生きていけない鳥とは決定的に違います。

我が家のひよこたちも、孵化して夕方には自分で水を飲んでいました。

10/14、孵化してからちょうど1週間です。

ひよこたちはどんどん大きくなってきました。

ジャンプ力もついてきたので、もう少しで育雛箱をさから飛び出せそうです。

2019/10/17 アローカナ卵のひよこたち

10/17、孵化してからちょうど10日目。

ついに1羽のひよこが育雛箱を飛び出しました。

しかも、軽々とジャンプです。

これまでの経験から孵化したひよこはおおむね10日前後でジャンプ力がついて箱を飛び出すまでに成長していましたが、今回もちょうどこの時期でした。

ここからは個体差にもよりますが、すぐにみんな出来るようになるでしょう。

ということで、これまでの育雛箱も窮屈になったので、ひとまわり大きな育雛箱へと引っ越しです。

新しい住居は、衣装ケースを利用した育雛箱。

これまでも何度もひよこたちを育ててきた由緒ある(笑)住居です。

適度に広く、軽いので水洗いも簡単。

スーパーからもらってきた段ボール箱で隠れ家も作りました。

暑いときには金網の蓋で通気性も良く出来ます。

2019/10/18 アローカナ卵のひよこたち

快適な住居で、元気に育ってもらいたいものですね。

タイトルとURLをコピーしました