我が家のニワトリ(157)〜アローカナはどのくらい卵を産むのでしょうか?(9月10日時点まとめ)

ニワトリ

我が家で飼っているニワトリのアローカナ

 

8月も終わったばかりかと思っていたら、あっという間に3分の1が過ぎ去りました。

我が家のアローカナも、新たに6羽の雛が卵から孵化し、賑やかな毎日です。

前回記事:我が家のニワトリ(156)〜アローカナのひよこたちは孵化後1週間となりました(後編

 

ということで、今回は、ひよこではなくアローカナの卵です。

 

アローカナは一体どれくらいの数の卵を産んでくれるのか?

そんな素朴な疑問から、2019年1月にアローカナの最初の1羽の雌鶏が初卵(ういらん)を迎えてから、毎日欠かさず産卵数(回収数)の記録を継続中

  • (注):卵を産むタイミングと鶏小屋に入って卵を確認・回収するタイミングがずれることもありますので、便宜上その日の回収数=産卵数ということにしています。(回収のタイミングによっては産卵可能な雌鶏の数を1日の回収数が上回ることもあり得ます)

参考記事:我が家のニワトリ(149)〜アローカナはどのくらい卵を産むのでしょうか?(8月末時点まとめ)

 

9月の産卵数〜9月10日現在〜

まずは、今月の産卵数から。9月10日時点のまとめです。

合計25個(1日平均2.5個)!

現在も、産卵可能な我が家の雌鶏は4羽

  • 鶏小屋の中に雄鶏と一緒で飼育している3羽と、「つつき」の悪癖で他の雌鶏を襲うため隔離して飼育している1羽です。

ちなみに、鶏小屋の雌鶏3羽のうち1羽が卵を温める「抱卵モード」に入ってしまったため、その1羽は卵を産まなくなりました。

他の2羽が卵を産んでいる状況です。

 

一方、隔離された1羽の雌鶏。

こちらはビニールハウス内で悠々と生活中。

実は広々としたところで一番自由に過ごしているのかもしれません。(笑)

 

年間のまとめ

続いて、年間のまとめです。

昨年1年間と比較しながら見てみましょう。

9月10日時点で、

合計608個(1日平均2.4個)!

昨年は9月末時点で510個ですから、すでに100個以上は多くなっています。

 

目標は1日平均5〜6個(最終的には10個程度)の卵が1日平均で産んでくれると嬉しいです。

引き続き、鶏小屋の環境を見直していきながら、大切に育てていきたいと思います。

 

2020/9/10 本日のアローカナたち
タイトルとURLをコピーしました