我が家のインコたち⑲〜エサの飛び散り防止のためケージカバーを作ってみました(前編)

ペット

今回は、我が家の愛鳥オカメインコのしーなちゃんです。

2018年4月7日に家族の一員となってから、もう少しでまる2年です。

他のセキセイインコより一回りも大きいですが、小心者。

おまけに家族の中でも人を選ぶ、好き嫌いの激しい性格の持ち主です。

このしーなちゃん。

食べるのが下手というか、とにかくエサをこぼします。

鳥かごの中にこぼすのならまだしも、これでもかとばかりに床にこぼします。

毎朝エサを交換して床もあわせて掃除をするのですが、夕方にはこんな有様です。

もちろん、我が家で飼っているもう2羽のセキセイインコも、決して食べ方が上手というわけではないのですが(特にセキセイインコのプーちゃんはこぼします。。。。)しーなちゃんは、セキセイインコに比べてエサが大きい分、特に目に付いてしまうのです。

ひまわりの種や、ちょっと大きめのエサ等が落ちていると、誤って素足で踏めばもちろん痛いですし、床もそれなりに傷つくことも。

ということで、今回は

エサの飛び散り防止用のケージカバーを作ります。

インコ用のケージカバーは、ペットショップに行けばもちろん売っています。

実はしーなちゃん用にも、ビニール製の専用のケージカバーはありました。

飼い始めた当初に保温用として購入したケージカバーです。

しかし、気がつくと、ビニールの端からかじられてボロボロに。。。。

もちろんしーなちゃんも食べるわけではないのでしょうが、かじられてボロボロなカバーは見た目にもあまりよくありません。

しかも、なんとなく穴が空いているとそこからエサもこぼれてしまいます。

ということで、ビニール製のケージカバーは早い段階で片付けることに。

やはり、少しかたくてかじってもボロボロにならない素材がよいのでは?

そこで思いついたのが、工作用のプラスチックシートです。

今回も、材料は100円ショップで購入です。

使用するのは、厚さは1mm、50cm×35cmのサイズのものです。

色も数種類ありましたが、今回は半透明のものを選んでみました。

これを加工して、簡単なケージカバーを作ってみたいと思います。

 

後編に続きます〜

タイトルとURLをコピーしました