2020年もゴーヤでグリーンカーテン作り㉙〜10月になってからのゴーヤの様子です(その①)

ゴーヤでグリーンカーテン

ここしばらく、我が家で飼っているニワトリのアローカナの話題が続きましたが、今回はゴーヤです。

 

今年も種から作り始めたゴーヤのグリーンカーテン

10月も中旬を過ぎ、今月も残り2週間を切りました。

我が家のグリーンカーテンは、9月末の時点で今年の収穫もほぼ終わっています。

前回記事:2020年もゴーヤでグリーンカーテン作り㉘〜9月も終わり、ゴーヤもそろそろ終了です(後編)

あとは、ゴーヤを撤収してネットやプランターを片付けて終了!

といきたいところですが、2つ用意したプランターのうち片方は枯れずにかろうじて残っています。

その後の実の収穫は期待できませんが、どの程度までゴーヤが枯れずに残っているのか、しばらくこのまま様子を見ることにしました。

ということで、10月に入ってからのゴーヤの様子を見てみましょう。

 

10月1日(木)

10月です。今年も早いもので残り3か月。

ゴーヤのグリーンカーテンも夏の間は分厚い緑のカーテンになっていましたが、さすがに10月ともなれば、枯れ始めてカーテンの裏側が見え始めました。

2つのプランターから育った苗は、それぞれ

  • 左のプランター:株式会社アタリヤ農園さんの「ゴーヤ(にがうり)」の種
  • 右のプランター:東北電力(株)さん「緑のカーテン運動」でいただいた種

から育てた苗ですので、そもそも左右でゴーヤの種類が違います。

そのためでしょうか、枯れ始める時期が異なるようです。

 

10月4日(日)

向かって右側のプランターはどんどん枯れています。

一方左側のゴーヤは、最盛期には劣りますが、まだ葉にも多少緑が残り、花もいくつか咲いています。

食べられるほどではありませんが、小さいゴーヤの実も1〜2個上の方になっていました。

 

10月8日(木)

10月に入って1週間が過ぎました。

右側のプランターのゴーヤは完全に枯れてしまったようです。

 

10月11日(日)

10月も3分の1が過ぎました。

この時点で、ほぼグリーンカーテンの役目を果たしてはいません(笑)

夏場のカーテンが分厚い時期には、サッシの遮光カーテンをしなくても室内の様子はまったく見えませんでしたが、これではさすがに外から中が丸見えです。。。

一方でゴーヤの前に置いてあるのは我が家のコキア。

いい感じに色づいてきました。

 

ということで、日に日に枯れていくゴーヤのグリーンカーテン。

引き続き様子を観察です。

 

次回へと続きます〜

次回記事:2020年もゴーヤでグリーンカーテン作り㉚〜10月になってからのゴーヤの様子です(その②)

タイトルとURLをコピーしました