我が家の家庭菜園㉓〜天気も良いので畑にカボチャとトウモロコシの苗を植えました(前編)

家庭菜園

2020年もあっという間に5月です。

今年の家庭菜園もいよいよ本格的なシーズンの始まりです。

 

2020年5月2日(土)、天気もよく風も穏やかだったので、畑に

カボチャトウモロコシ

の苗を植えました。

植える苗はもちろん種から育てたものです。

3月上旬からホームセンターで購入した各野菜の種をビニールハウスで育てていました。

ちょうど苗も植え頃となったので、いよいよ畑デビューです。

まずはカボチャ。品種は「栗みやこ」です。

種から立派にここまで育ってくれました。

ホームセンターで買ってきたと見間違うくらいに上手に育ったかも?(自画自賛)

今回植えるカボチャの苗は9本。

カボチャは成長していくとどんどん広がっていくので面積をそれなりに使用します。

畑の広さも限られているため、十分に植える場所を検討した末、この場所に決定。

畝を作って間隔を80cmくらいにして苗を9本おきました。

(間隔は1mくらいがよいようですが、今回は80cmで挑戦です。)

写真向かって右側にツルを伸ばしていく予定です。

 

カボチャの苗は多めに作ってあったので多少余りましたが、それは今回は使用することもなさそうですので、苗の物々交換用としてキープしておきます(笑)

家庭菜園の輪が広がると、苗の「物々交換」(この苗が余ってるからあげるよ〜、じゃあこっちの苗をどうぞ〜といった感じで)もひとつの楽しみです。

いよいよ苗を植えます。

まずはカボチャを植える場所に穴を掘ります。

続いて園芸用殺虫剤「アドマイヤー」を使用します。

苗を植える際に一緒に土の中にいれておくことで害虫発生をおさえるものです。

この薬でカボチャの対象となる害虫は、「アザミウマ類」と「コナジラミ類」です。

殺虫剤は適量が大切。

必要な分だけ計量スプーンで計って掘った穴にふりかけます。

いよいよカボチャの苗を育苗ポットからだして畑に植えます。

カボチャは地面を這って生長していくので、這わせたい方向へ(写真では左側)苗を斜めにして植えていきます。

苗を植えたらたっぷりと水をかけます。

無事に苗が育っていけば、自分の力でしっかりと根から水分を吸い上げていきます。

元気に育ってくれるといいですね。

 

カボチャの苗を植え終えたら、次はトウモロコシ!

次回(後編)に続きます〜

 

タイトルとURLをコピーしました