マメトラ〜家庭菜園の強い味方(その1)

家庭菜園

家庭菜園を楽しむ上で、避けて通れないのが土を耕すという行程。

野菜を育てるには何よりもまず土が重要であり、その「土を育てる」ためには、肥料をまいたりしっかりと耕すことが重要です。

野菜だって栄養も欲しいし、空気も欲しい。

硬くゴツゴツした土よりは、しっかりと根を張ることのできるフンワリしてたっぷり空気を含んだ優しい土の方が良いはず(もちろん野菜の種類により適した土壌は異なるようですが)。

野菜も人間と一緒だと思えば、なんとなく行程のひとつひとつに気持ちが込められる気がしますね。

というわけで、土を耕す話です。

多少の広さの畑であれば鍬(くわ)を使って耕すのですが、ある程度面積が広くなると人力で耕すのには限界があります。

くわでの作業にも限界があります

また、作業効率や家庭菜園に対するモチベーションの維持、土作り、といった点からも、機械の導入が必要になってくることもあるでしょう。

そこで役に立つのが家庭菜園の強い味方、マメトラです。

家庭菜園の強い味方

マメトラ農機株式会社さんの「マメトラリターンカルチ MRV2K6」です。

マメトラって、小さいトラクターって意味の「豆トラ」かと思っていたのですが、れっきとした会社名だったのですね。まぁそういう意味が含まれているとは思われますが、正確なところはわかりません。

操作方法ですが、ちょっと教えてもらっただけですぐに使うことができました。

大がかりな機械は敷居が高いですが、マメトラなら女性でも簡単に扱えますね。

早速使ってみましょう。

とても簡単!

もちろん、機械ですので取り扱いは説明書を読んで十分に気をつけなければなりませんね。

次回は、「走行〜畑を耕す」にチャレンジです。

上手くできるかな〜

タイトルとURLをコピーしました