黒柴ゴンちゃん㉙〜ゴンちゃんは満1歳になりました(その2)

ペット

我が家の愛犬、黒柴のゴンちゃん(♂)。

産まれたのは昨年の1月25日。

ということで、2020年1月25日(土)、めでたく満1歳となりました。

前回(その1)では、ペットショップにてゴンちゃんへの誕生日プレゼントを購入してきましたが、その続きです。

ちなみに、今回の誕生日プレゼントは次の4点。

  • その1〜犬と一緒に食べられるスイーツ!
  • その2〜高級そうなおやつ
  • その3〜トリーツポーチ〜犬用のお菓子入れ
  • その4〜お散歩用の専用ハーネス

まずは、夕方のご飯時にあわせて、スイーツと高級そうなおやつを与えます。

それぞれ別の皿に分けて用意したところで、ゴンちゃんの元へ。

夕方いつもの晩ご飯の時間。

ゴンちゃんはお腹を空かせて待っていたようです。

家族みんなでゴンちゃんを取り囲むので、ゴンちゃんも「何かあったの?」と不思議そうな顔をしてこちらを見ています。

そんな顔をしたゴンちゃんの前へ早速準備したスイーツとご飯&高級そうなおやつ。

いつもと様子も違うことにゴンちゃんも気がついたようです。

特に視線はスイーツに釘付け(笑)

とりあえず、「待て」のかけ声をかけます。

ゴンちゃんも食べたい気持ちを抑えている様子。

と、その前に。

果たしてゴンちゃんに本当に食べさせてもよいものなのか!?

ということで、飼い主(娘)自らが毒味(試食)です。

ゴンちゃんの目の前に置いた皿を取り上げて、もってきたフォークで一口パクリ(笑)

味は・・・・「あんまり美味しくないかも」だそうです。

ちなみに、参考まで家族みんなで一口ずつ味見しましたが、見た目は甘そうですが、それほど甘くはありませんでした。

無事に毒味(試食)も終了!

再度スイーツの皿をゴンちゃんの前へ並べて、

ハッピーバースデーの歌を歌います。

もちろん、その間、ゴンちゃんは「待て」がかかった状態でおあずけです。

目の前に美味しそうな食べ物が置いてあるのに、この仕打ち。

楽しんでいるのは飼い主達のみで、ゴンちゃんにとっては生き地獄かもしれません(笑)

ということで、歌も終わり、儀式は無事終了

「よし!」の声がかかり、いよいよゴンちゃんに食べる許可が下りました。

まずはゴンちゃん、向かって左のいつものエサを数口食べますが、その後右手のスイーツへ。

最初は恐る恐る表面のクリームをなめていましたが、どうやら気に入った様子。

次第に食べ方に熱が入ってきます(笑)

スイーツをある程度片付けたら、いつものエサと高級おやつ(ささみ)の皿へ。

こちらもパクパクと美味しそうに食べています。

見ている前で、本当に美味しそうに2皿をペロリと平らげました。

どうやらゴンちゃんは、スイーツが大変気に入った様子。

完食してもいつまでもスイーツの皿をペロペロ。

お皿がきれいになるまでいつまでもなめ続けていました(笑)

美味しいスイーツ良かったね、ゴンちゃん!

2020/1/25 黒柴ゴンちゃん1歳の誕生日

次回(その3)へ続きます〜

タイトルとURLをコピーしました