2020年、今年もツバメがやってきました⑨〜夏の暑さにも負けず元気に過ごしています

ツバメ

8月になったと思っていたら、あっという間にお盆の時期となりました。

長雨続きだった7月分の夏を取り返すかのように、今月は猛暑が続いています。

ということで、今年も我が家にやってきたツバメたち。

今年は1組の親ツバメが軒下の巣で卵を孵しました。

卵から孵化した5羽の子ツバメは7月上旬には全て無事に巣立ち、その後は我が家を拠点として独り立ちの訓練を重ねています。

前回記事:2020年、今年もツバメがやってきました⑧〜ツバメの一家は元気に過ごしています

 

ということで、前回以降のツバメたちの様子を見ていきましょう。

8月2日(日)

8月に入ってようやく長かった梅雨も明けました。

ツバメたちのお気に入りは、軒下に作ったゴーヤのグリーンカーテンを垂れ下げるための支柱です。

ここが休憩するのにちょうどよい場所のようで、1日のうち何回かはこの光景を見ることができます。

8月8日(土)

連日続いた8月の猛暑でしたが、この日は一転朝から大雨。

ツバメたちも様子を見ているのでしょうか、とりあえずみんなでお休み中。

兄弟ツバメたちがみんなで仲良く支柱にとまっています。

(全部で5羽の兄弟ツバメが並んでとまっていましたが、1羽は驚いたのか飛び立ってしまいました。。。)

8月10日(月)

再び猛暑日です。

屋外で気持ちよく作業が出来るのは午前8時くらいまでが限度でしょうか。

日中は日差しも強く命の危険を感じる暑さです。

ツバメたちも暑さが危険ということがわかっているのでしょう。

直射日光を避けるため、涼しい玄関の上で仲良くお休み中。

おかげで玄関先がフンまみれです(笑)

8月11日(火)

午前6時頃の様子。

ちょうど兄弟ツバメ5羽全員が仲良く並んでいるところを見ることができました。

4羽は支柱で、1羽は外灯の上に止まっています。

ツバメたちも隣との適度な距離を保っているようで、5羽全員が並ぶには窮屈なようです。

来年はもう少し横に伸ばしてあげてもいいかもしれませんね。

 

ツバメは夏頃までは生まれ育った場所を拠点として生活しますが、やがて秋頃には河原などで他のツバメたちと集団となって過ごし、冬が来る前にはみんなで南方へ旅立っていきます。

我が家で生まれた5羽の子ツバメたちの成長をもうしばらくは楽しめそうです。

タイトルとURLをコピーしました