我が家のニワトリ(196)〜今年5回目の孵卵器で温めていた卵からひよこが孵化しました(その④)

ニワトリ

我が家で飼っているニワトリのアローカナ

 

先月となる10月15日(木)にスタートした

今年5回目(通算11回目)となる孵卵器による卵の孵化への挑戦

孵化予定日は21日後(ニワトリの孵化にかかる日数)の11月5日(木)でしたが、その前日の11月4日には、なんと6羽の雛が孵化!

うち先に孵化して毛も乾いた雛4羽は育雛箱へと移動しました。

ということで、前回からの続きです。

前回記事:我が家のニワトリ(195)〜今年5回目の孵卵器で温めていた卵からひよこが孵化しました(その③)

11月5日(木)〜孵化予定日〜

11月5日(木)午前5時。

孵卵器をスタートしたのは10月15日ですので、21日後のこの日が元々の孵化予定日です。

(といっても、21日はあくまで目安。実際には前後1日くらいの誤差はあります。)

早速、孵卵器の様子を確認です。

昨日の夕方時点で、孵卵器の中には2羽の雛を残していますが・・・

孵卵器の中には1羽増えて3羽の雛が!!

どうやら夜間に1羽が孵化したようです。

これで9個の卵のうち7個が孵化しました。

しかも、羽が完全に乾ききっていないところをみると、ここ数時間のうちに孵化した様子。

ということで、先に孵化していた2羽は育雛箱へとお引っ越しです。

孵化したての雛はしばらく孵卵器の中で待機してもらい、残りの卵の孵化を促してもらいましょう。

2020/11/5 さらに孵化したアローカナの雛を移動しました

2羽が育雛箱へと移動したので、こちらは6羽。

ひよこ電球のまわりに集まって暖を取っています(笑)

 

11月5日(木)〜夕方〜

孵化していない卵は残り2個。

夕方になって孵卵器の中を見てみると・・・

さらに1羽が孵化していました!

これで合計8羽!

孵化していない卵は残り1個です。

2020/11/5 本日孵化したアローカナのひよこ

我が家の孵卵器にセットできるニワトリの卵は9個まで。

これ以上の数は自動転卵機能が使えないためセットできません。

この時点で9個中8個が孵化しており、これまでにない孵化率となっています。

と、思っていたところ・・・

同日午後7時、再度孵卵器を確認したところ、

なんと最後の9羽目が孵化していました!

まさに卵から孵化してすぐの雛です。

これで9個の卵全てが孵化!

今回は孵化率100%、この結果はこれまでの挑戦で初めてです。

ということで、孵化予定日の当日に無事残りの3羽が孵化しました。

とりあえず、この3羽は一晩孵卵器の中で休んでもらい、明朝に育雛箱へとお引っ越しです。

 

続きます〜

次回記事:我が家のニワトリ(197)〜今年5回目の孵卵器で温めていた卵からひよこが孵化しました(その⑤)

タイトルとURLをコピーしました