2020年はヒョウタン作りにチャレンジです(その⑦)〜種を蒔いてから10週間目となりました

ガーデニング

我が家でほぼ毎年作っているゴーヤのグリーンカーテン

暑い夏場の直射日光を遮って室内の温度上昇を抑える省エネルギー対策として、食べるためにと、我が家ではほぼ毎年挑戦していますが、

さらに今年は

ヒョウタン(大ひょうたん)

にも挑戦中です。

5月10日(日)に種を蒔いてから、早いもので、ちょうど10週間目となりました。

ちょうど種まきから8週間目となる7月5日(日)に、ヒョウタンのプランターを庭先のキウイ棚へと移動してネットを張ってから2週間。

その後の生長の様子を見てみましょう。

前回記事:2020年はヒョウタン作りにチャレンジです(その⑥)〜ビニールハウスから移動しネットを張りました

7月8日(水)

ヒョウタンの生長はあっという間。

いつの間にかツルも棚の一番上まで到達してしまいました。

  • 子どもたちもそれぞれ「自分用に」プランターを用意したので、あわせて3つの様子を観察していきます。(真ん中は息子、右は娘のヒョウタンです)

7月12日(日)

今年は例年になく長雨が続き、日照時間も極端に少なくなっています。

この日は一瞬だけ太陽の光が射しましたが、ほぼ一日中くもりでした。

ヒョウタンも葉が黄色くなり、少し勢いが弱まっているようです。

ヒョウタンの花は白くきれいに咲いています。

7月15日(水)

連日雨が降り続いています。

ヒョウタンも当初の勢いはありません。

下の方の葉はやせ細ってしまいました。

7月18日(土)

長かった雨もようやく落ち着きました。

といっても、長く降り続いた雨で地面がぐっしょり。

たっぷりと水分を吸っており、水が抜けるまではしばらくかかりそうです。

下の方の葉はこんな具合です。

どうやら「うどんこ病」にかかったかもしれません。

そういえば、手前に植えてあったカボチャも同じ症状です。

7月19日(日)

種を蒔いてからちょうど10週間目となりました。

久しぶりの青空です。

午後に一瞬土砂降りとなりましたが、その後はすっかり青空が広がり蒸し暑くなりました。

ようやく夏がやってきたという感じです。

これを機会に、下の方の枯れかけた葉はバッサリと切り落とし、ツルも等間隔に導引しました。

 

ということで、長雨の影響で少し弱まっていたヒョウタンですが、夏はこれからです。

引き続き生長を見守っていきましょう!

誰のヒョウタンが一番大きく育つか楽しみですね。

 

次回記事:2020年はヒョウタン作りにチャレンジです(その⑧)〜種を蒔いてから12週目、実も生長中です

タイトルとURLをコピーしました