庭先のコキア(その⑦)〜コキアは赤い色がほぼなくなりました

ガーデニング

11月も中盤になろうとしています。

11月に入ってから、天気も落ち着いており、ニワトリや畑の作業は日々大忙し。

最後まで残っていた夏野菜も撤収し(家庭菜園〜その⑧)、あらたに新しい野菜を植えるなど、毎日何らかの作業をしている今日この頃です。

そんな畑や庭先に植えたコキアは、前回(その⑥)までかすかに残っていた赤色もほぼなくなり、すっかり茶色になりました

その変化を見てみましょう。

まずは11月2日の様子です。

表面は茶色ですが、中心部分には少し赤身が残っていました。

これが・・・

赤い色はほぼ抜けて、全体の色が抜けた感じになりました。

そして11月13日。

表面はすっかり乾燥しているようです。

表面には小さくてわかりづらいですが種も出来はじめています。

おそらく来年には勝手に大量のコキアの芽がでているはず(笑)

最盛期と比べるこのような感じです。

ほぼ1か月ですっかり色は抜けました。

あとは、このコキアを何に活用するか?

やはり、ホウキ種だけに、ほうきを作ってみるのもよいかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました