庭先のコキア(その⑨)〜コキアでほうき作り(前編)

ガーデニング

今回は、コキアを使って手作りのほうき作りです。

昨年庭先に植えたコキアの苗。

元々は一昨年に植えたコキアの種が勝手に芽を出して成長していたのを、庭先に植えたものです。

冬場に西風が強く、庭先の土が風で飛んでしまうために風よけのイメージで植えた苗でしたが、こちらは結果的には上手くいきませんでした(笑)

その後、我が家の畑の脇の土手にもコキアの苗を植えてみたところ、こちらはそれぞれ立派に成長し、昨シーズンは十分楽しませてもらいました。

(以下これまでのまとめ)

このコキア。

別名は、「ホウキグサ、ホウキギ」などとも言われており、その名の通り、「ホウキ」を作ることができます。

年もあけ、すっかり枯れてしまったコキアを最後まで活用するべく、今回いよいよほうき作りの材料にします。

まずは、土手の脇に植えてあったコキアを全て撤収です。

枯れたまま放置されていたコキアでしたが、片付けてしまうとそれはそれで寂しくなりました・・・

でも、きっと来年の春には、コキアの芽がたくさん出ていることでしょう(笑)

勝手に大量に種をまき散らしているでしょうから・・・・

娘とともに片付けたコキアを裏庭に運びます。

ビニールシートを敷いて、いよいよほうき作りの作業開始です!!

 

後編(その⑩)に続きます〜

タイトルとURLをコピーしました