もう春ですが、今シーズン最後の「ワカサギ釣り」に行ってきました(前編)

観光

2020年3月も折り返しを過ぎました。

今年は暖冬の影響で雪もあまり降らず、例年になく暖かい冬。

3月にはいると、もう春が来たような感じです。

今年はスキー場も雪不足のため通常通りの営業が行われておらず、昨シーズンは何度か楽しんだスキーも今年は1度も出来ませんでした。

冬ならではのアクティビティを楽しみたい!

ということで、先月である2月に行ってきたのが

ワカサギ釣り!

(冬の風物詩「ワカサギ釣り」に行ってきました〜前編後編より)

福島県の北塩原村にある桧原湖は、氷上のワカサギ釣りでも有名です。

しかしここでも暖冬の影響が。

暖かく氷が張らない!!

そこでお世話になったのが、水の上でワカサギ釣りができる「ドーム船」。

暖房で室内は暖かく、快適な環境でのワカサギ釣りが楽しめました。

しかし、やはり釣りはたくさん釣れた方が楽しいもの。

この時は、家族の合計でも「80匹」

日によってワカサギが釣れる日、釣れない日もあるようですが、

上手な人なら1人でも100〜400位は釣り上げるとのこと。

ワカサギ釣り自体は楽しめたものの、やはり数はたくさん釣りたい!!

そこで、前回のレベンジも兼ねて、再度ワカサギ釣りへ挑戦です!

再度やってきた福島県の桧原湖!!

3月ともなれば気温はもちろん、前回の2月よりも暖かくなっています。

当然桧原湖も氷は全く張っていません。

風はもちろん冷たいですが、肌を刺すような感じがしない、どことなく春が近づいてきた風のような気がします。

今回もボートに乗せてもらってドーム船まで向かいます。

例年なら氷上のワカサギ釣りでテントが立ち並ぶ光景が見られるのでしょうが、今年はこんな状況です。

青空の下いよいよ出港!

眼前には磐梯山を含めた雄大な裏磐梯の景色が広がっています。

暖かくなってきたとはいえ、3月の桧原湖をスピードを出して進むボートですので、寒さはそれなり。

しばらく湖上を進んで目指すドーム船へ。

今回は何匹釣れるかな?

 

次回(後編)へ続きます〜

タイトルとURLをコピーしました