花と鳥とのふれあいが楽しめるテーマパーク〜掛川花鳥園に行ってきました(その3)

観光

静岡県掛川市にある掛川花鳥園に行ってきました。(その1その2)

ここは、ひと言で済ませるならば「行って損無し!超おすすめ」です。

花や鳥が好きな人ならば、きっと大満足することでしょう。

ということで、掛川花鳥園(その3)です。

「インコのスイレンプール」というエリアをさらに進むと、「エボシドリとヘラサギの広場」というエリアがあります。

一応、そのエリア毎に主要な鳥の名称がついているようですが、実際には様々な鳥がいます。

エリア内の鳥たちは各々自由です。

堂々とエサ箱の上でお休み中の鳥もいました(笑)

そこにいたら、みんなにエサをくれるお客さんがエサを取り出せないですよ。

中には、のんびり休憩中の鳥たちも。

周りに人がたくさんいるのに、こんなにも悠々と休んでいていいのでしょうか?

そういえばこの鳥たち、どこかで見たような?

…………!

イワシャコ戦隊イワシャコナイン!?

そして、いよいよ、掛川花鳥園のメインスポット?のひとつ。

「ハシビロコウの森」へと足を踏み入れます。

この鳥、1度は実物を見てみたいと思っていたので期待に胸が膨らみます。

国内でも、ハシビロコウに会える動物園は限られているんですね。

ハシビロコウ(嘴広鸛、Balaeniceps rex)は、ペリカン目ハシビロコウ科ハシビロコウ属に分類される鳥類。本種のみでハシビロコウ科ハシビロコウ属を構成する。……(中略)……

ゆったりとした動きで、しばしば彫像のように動きを止めるため、「動かない鳥」として知られる。(ウィキペディアより)

いらっしゃいました!

ハシビロコウのふたばちゃんです。

ハシビロコウは、「動かない鳥」と言われていますが、見事に動きません。

掛川花鳥園にて〜ハシビロコウのふたばちゃん
ハシビロコウのふたばちゃん。全く動きません。

ハシビロコウをバックに写真撮影!

写真で見るよりも、実際にふたばちゃんはかなり近くにいます。

柵には「柵を越えることがありますのでご注意ください」と注意書きも!

穏やかそうな鳥ですが、この顔で柵を飛び越えてきたらちょっと恐いですね。

ちょうど、10:00からの「ハシビロコウのお食事タイム」を見ることができました。

係員さんがエサを与えるのですが、かなり動きはスローでした。

なかなか見ることができないハシビロコウ。

そのご尊顔を拝めただけでも来たかいがありましたね。

園内もようやく半分といったところでしょうか。

掛川花鳥園はまだまだ終わりませんよ〜

(次回に続きます)

タイトルとURLをコピーしました