2020年もゴーヤでグリーンカーテン作り⑦〜追加の種を育苗ポットへ蒔きました

ゴーヤでグリーンカーテン

今年も種から作り始めたゴーヤのグリーンカーテン

4月19日、ホームセンターで購入して準備しておいたゴーヤの種(15粒)を育苗ポットへ蒔きました。

(ゴーヤでグリーンカーテン作り〜その①その②その③その④より)

育苗ポットへ種を蒔いてからちょうど10日目の4月29日。

種はどうなっているでしょうか?

ようやく、ひとつのポットから芽が出てきたようです。

他の種については土が盛り上がっている様子も今のところ見られません。

発芽まではもう少しかかるかもしれません。

 

 

最初に植えたゴーヤの種(15粒)だけでは少し心許ないので、今年も申し込んでおいたのが

東北電力(株)さん「緑のカーテン運動」!!

送られてきたゴーヤの種も蒔くための準備をしましたが(その⑤その⑥より)、今回はその種を追加で育苗ポットへ蒔きました。

まずは、育苗ポットへ土を入れ、ゴーヤの種10粒をそれぞれのポットへ1粒ずつ置いていきます。

ちなみに、今回東北電力さんから送られてきたゴーヤの種10粒のうち、1粒は種の殻が割れていました。

はたして殻が割れていた種も無事に発芽するのでしょうか?

この種もせっかくですので蒔いてみましょう。

土に軽く穴を開けて種を入れ、土をかぶせます。

と、ここで最初に蒔いておいた育苗ポットのケースにスペースもありましたので、せっかくですから今回種を蒔いた育苗ポットを一緒にします。

水をかけるのもこの方が楽ですので・・・・

最後にたっぷりの水をかけて作業は無事終了!

果たして、最終的にどれくらいの苗が無事に育つか楽しみですね。

ゴーヤのグリーンカーテン作りはまだまだ始まったばかりです〜

タイトルとURLをコピーしました