干し柿を作ってみました(その②)〜またまた柿をいただきましたので、追加で干し柿を作ります

手作り

秋の果物といえば、リンゴ、ブドウ、梨・・・と、いろいろ思い浮かびますが、

今回も「です。

知り合いのご近所の農家さんから柿を大量にいただきたいので、干し柿を作り始めたのが、つい先日(その①)。

それから1週間と過ぎないうちに、また違うご近所の農家さんから、またまた柿を大量にいただいてしまいました。

先日いただいた柿とはどうやら種類が違うようです。

ちなみに、これで全てではありません。

カゴいっぱいにいただきましたが、量が多いので、半分は渋を抜いて甘くしてからいただくことにして、残りの半分の皮をむいて干し柿を作ります。

そういうわけで、前回同様ひたすら皮むきの作業開始。。。。。。

皮をむいてもむいても中々減らない柿。。。

孤独な作業が続きます。

さすがに、今回は夜なべしての作業は力尽きて終了、翌日に持ち越しです。

翌日、残った柿の皮をむいたら、今度はひもに取り付ける作業です。

あらかじめへたは取っていないので、そこにナイロンひもを簡単に通しておしまいです。

次々と適当な間隔で取り付けていきます。

最後に、沸騰したお湯をくぐらせて終了!

煮沸消毒することで表面のカビや菌を退治する工程です。

こうして、2日かけて2回目の干し柿の仕込みは終了です。

北海道では寒波で雪のようです。

この辺りもそろそろ寒くなり、干し柿作りには適した季節です。

今から食べるのが楽しみですね。

タイトルとURLをコピーしました