我が家の家庭菜園㉙〜今年も挑戦トマト作り〜ビニールハウス内にトマトを植えました(前編)

家庭菜園

前回(その㉘)の続きです。

家族みんなが大好きな野菜のひとつである「トマト」

昨年に引き続き、今年もトマト作りに挑戦です。

これまで

  • 5月4日〜マメトラでビニールハウス内を耕しました(その㉖より
  • 5月9日〜畑に中玉トマトとミニトマトを植えました(その㉗その㉘より)

と進めてきましたが、今回はいよいよビニールハウス内にトマトを植えます。

5月4日、まずはトマト作りのためのスペースを準備(その㉖)です。

冬の間楽しませてもらった野菜類を片付けて、野菜の苗たちを移動してスペースを作り、マメトラでしっかりと耕して準備をしておきました。

 

ということで、準備してから12日後の5月16日。

いよいよビニールハウス内にトマトを植えます。

(あれから間が開きましたが、その間にも畑の方にトマトを植えたり、他の野菜の準備をしたりといろいろ大忙しです。。。。)

まずは畝(うね)作りから。

今回は、農業用マルチ(マルチングフィルム)を使用しますので、その幅にあわせて畝を作ります。

目安となる紐を張って、クワで土を寄せていきます。

おおまかに畝の形を作ったら、レーキを使って全体的に形を整えていき、最後は表面を滑らかにならします。

準備が出来たらいよいよ農業用マルチを張っていきます。

片側を土で埋めて抑えたら、ロールを伸ばしながら広げていきます。

さすがに1人では作業も難しいので家族総出の作業です。

最後にまわりを土で埋めます。

気をつけないと片側に寄ってしまうので、バランスを見ながら土をかけていきます。

農業用マルチにはあらかじめ中心に沿って目印があるものもあり、こちらのほうが素人にはわかりやすくて便利です(笑)

農業用マルチ張りも無事に完了!!

なんとか歪まずにきれいに張ることが出来ました。

続いて支柱を立てていきますが、ここで一旦休憩です。

5月も中旬、晴れているとビニールハウスの中は一気に暑くなります。

両側を開けて風を通しているとは言え油断は禁物。

熱中症の危険もあるため、無理をせずに作業を進めましょう!!

実際に、だんだんと頭がぼーっとしてきたような・・・(危険な兆候ですね。。。)

 

ということで、作業は後編(その㉚)へ続きます〜

 

タイトルとURLをコピーしました