我が家のニワトリ(242)〜2020年9月に孵化したアローカナの成長の様子です(その⑤)

ニワトリ

我が家で飼っているニワトリのアローカナ

 

前回に引き続き、昨年の9月に卵から孵化したアローカナたちの様子です。

昨年である2020年中、自家製のアローカナの卵を孵卵器で孵化させたのは全部で5回。

そのうち3回目(通算9回目)の孵卵器で無事に孵化したのは6羽のひよこたち。

今回は「大びな」の時期を振り返ります。

前回記事:我が家のニワトリ(241)〜2020年9月に孵化したアローカナの成長の様子です(その④)

  • ひよこ(初生ひな):孵化0日〜7日目(第1週)
  • 小びな:孵化8日〜28日目(第2週〜第4週)
  • 中びな:孵化29日〜70日目(第5週〜第10週)
  • 大びな:孵化71日〜125日目(第11週〜17週)
  • 成鶏:孵化126日目〜(18週〜)

 

2020年11月11日〜孵化71日目〜

2020年11月11日、アローカナたちは孵化から71日目(第11週目)となりました。

孵化からの日数としては「大びな」と呼ばれる時期

ここから「成鶏」となるまでは、約2か月かかります。

ということで、この時期の成長を一気に見ていくことにします。

 

2020年11月17日〜孵化77日目〜

11月18日、卵から孵化して77日目(第11週目)。

夕方の様子から。だいぶ日も短くなってきました。

止まり木がないため、1羽は給餌器の上に陣取っています。

 

2020年11月24日〜孵化84日目〜

卵から孵化して84日目(第12週目)。

かなり大きくなってきたからでしょうか?

鶏小屋のスペースが狭く感じられるようになってきました。

2020年12月1日〜孵化91日目〜

12月1日、卵〜孵化して91日目(第13週目)。

いよいよ2020年も残り1か月となりました。

気付けば彼らもかなり「成鶏」のような姿になっています。

 

2020年12月8日〜孵化98日目〜

12月8日、卵から孵化して98日目(第14週目)。

孵化から約100日となったアローカナたち。

夕方5時を過ぎるとあたりは真っ暗。

6羽寄り添って寝る準備です。

2020年12月15日〜孵化105日目〜

12月15日、孵化から105日目(第15週目)。

寒波の影響で雪が降り始めました。

彼らのいるビニールハウスの中は雪の心配はありませんが、念のため朝方様子を確認。

特に問題もなさそうです。

12月20日(孵化110日目)の様子より。

いつの間にか、かなり成鶏らしくなってきたアローカナたち。

雄鶏は立派な鶏冠(とさか)が目立つようになりました。

コケコッコーの練習も始まっています。

 

ということで、「成鶏」の時期までもう少し。

続きます〜

タイトルとURLをコピーしました