黒柴ゴンちゃん㉜〜ゴンちゃんは1歳と1か月です(前編)

ペット

我が家の愛犬、黒柴のゴンちゃん(♂)

産まれたのは昨年の1月25日で、先日の

2020年1月25日(土)、めでたく満1歳

となりました。(その㉘その㉙その㉚その㉛より)

早いもので、あれからあっという間に1か月が過ぎ、本日2月25日(月)でゴンちゃんも1歳1か月です。

一月前から現在までのゴンちゃんの様子を一部ご紹介です。

2月6日(木)、この日は久しぶりにまとまった雪が降りました。

明け方、ゴンちゃんを呼んでみても、ゴンちゃんは奥の犬小屋から全く出てきません。

足跡もないので、出てきた様子はありません。おそらく爆睡中です。

ちなみにこの雪は、日中には全て溶けて無くなってしまいました。

今年は本当に暖冬のようです。

2月8日(土)、風もなくポカポカした陽気です。

この日は、だいたい週に一度行っている毛の手入れ。

使用するのは、ご存じブラッシング専用機器の

ファーミネーター(FURminator)!!

ゴンちゃんもブラッシングが大好きなようです。

いつまでもやっていて欲しいようですが、やり過ぎは注意。

どんどん毛が抜けるのでついつい夢中になってしまいますが、必要最低限にとどめておきましょう(笑)

2月11日(火)、昨夜はかなり冷え込んだため、ゴンちゃんは室内の土間のケージにてお休みしました。

朝方、室内の電気がついて、家族が起きて賑やかになっても、ゴンちゃんは寝息を立てて寝ています。気持ちよさそうですね。

ちなみに、この日も外には雪が少し積もっていました。

さっそくゴンちゃんを起こして外へ連れ出します。

今日のゴンちゃんはだいぶ雪が気になるようですね。

しばらく遊んだら、犬小屋にて待機。

まもなく朝食の時間です。

寒い中エサを待つゴンちゃん。

もう少し待っててね。

この頃から、ゴンちゃんは夜は室内でお休みするようになりました。

やっぱり外は寒いですし、大好きな家族の声が聞こえず一人外にいるのは寂しいようです。

ということで、ゴンちゃんに「家の中に入る?」と聞いてみると、迷わず土間のケージに向かって進んでいきます。

ここが僕の場所!といわんばかりですね。

ちなみに、無理に外に出そうとすると、全力で足を突っ張らせて外に出まいとします。

この姿を、家族一同「拒否権を発動する拒否犬」と呼んでいます(笑)

 

ごんちゃんの日常、次回(その㉝)に続きます〜

 

タイトルとURLをコピーしました